Special Contents 相続の流れ

Special

HOME//相続の流れ

相続の流れ

相続の流れ

相続が発生したら
迅速な対応がマストです

「相続には慣れている」という方はそう多くはありません。ほとんどの方が、相続が発生したときに「何をどうすべきか……」と悩んでしまうでしょう。最近では、自分でなんとか解決しようと、インターネットを通じて相続に関する情報を収集する方も多いです。しかし、相続業務は私たち専門家にとっても難易度が高い業務に分類されるため、インターネットの情報だけで自己解決するのはおすすめできません。なぜなら、あらゆる選択肢と専門的知識の中から、お客様にとってベストな方法を導きだす必要があるからです。

相続は、人間関係・お金・先人の思いなど、さまざまな要素が複雑に絡み合っています。当事務所にご相談いただければ、専門家として責任を持って、人間関係を保ちながら相続を乗り越えるためのサポートをしてまいります。相続は、迅速な対応がマスト。豊富な経験を活かして、明日を創るお手伝いをしてまいります。

  • 相続が発生したら
    どうすべきか

    配偶者や近親者が亡くなった場合、あらゆる手続きに追われることになります。葬儀・役所への届け出だけでなく、生前対策が行われていなかった場合は「何が相続財産なのか」といった調査も必要です。

    お客様が行うべきことは、専門家に少しでも早く依頼すること。葬儀などが落ち着いたら、相続財産がある場合は司法書士に、相続税がかかる可能性があれば税理士に依頼しましょう。相続のプロに依頼すれば余計な出費がかからずに済むため、結果として費用を節約することができます。

    相続財産は何か?

    相続財産は何か?

    お住まい・土地・車・借金……。人が亡くなったときには、さまざまな遺産が残ります。相続が発生した場合は、迅速にそれらを確定させ、「どの財産を誰に相続させるのか」「相続しない場合はどのように処分するのか」を考えはじめましょう。

    このとき、人間関係・法的な判断・税務的な判断などが必要になります。そのため、相続はご家庭ごとに最適な手続きや対策が異なります。ひとつとしてまったく同じ相続はありませんから、しっかり家庭や財産の状況を見極めることが不可欠です。

  • 相続財産を分配するには

    相続財産を分配するには

    相続財産が確定したら、つぎは相続財産の分配や処分をします。多くの場合は遺産分割協議書を作成し、一つひとつの財産について相続する人を決定していきます。また「財産を売却して、そのお金を相続人の間で分ける」という方法も。分割方法に困ったら、選択肢のひとつとしてご検討ください。

    遺産分割は、亡き人の思いを受け取る作業でもあります。お金だけではなく、お世話になった方からの思いを受け取り、明日をつくっていく。そのサポートができれば、当事務所にとってこれほど名誉なことはございません。

  • 相続放棄も視野に

    相続放棄も視野に

    相続の結果、かならずしもご自分の資産が増えるというわけではありません。もし相続財産の総額がマイナスであれば、出費が増えてしまいかねません。そういった事態を避けるためには、相続する遺産や借金の総額を調査しておくことが大切です。

    「マイナスの資産」を相続することを避けるには、相続放棄が有効です。もし放棄する場合は、相続開始から3ヶ月以内に手続きを行わなければいけないため、早めに専門家に相談し、一刻も早く手を打つべきでしょう。とはいえ、3ヶ月を過ぎても相続放棄が認められる例外的なケースもありますので、もし期限を過ぎてしまってもあきらめず、一度ご相談ください。